.

沿革

ホーム  >  学校案内  >  修道について  >  沿革

修道学園は1725(享保10)年、広島藩主浅野吉長(よしなが)が白島稽古屋敷の一部に「講学所」を創始したことを起源としています。また、「修道」という校名は、広島藩7代藩主・浅野重晟(しげあきら)が城内三の丸に開設した「学問所」を、1870(明治3)年に12代藩主浅野長勲が城内八丁馬場へ移して「修道館」と称した時に始まりました。中庸(儒教の経典「四書」の1つ)の「天の命 これを性といい、性に率う これを道という」に続く「道を修むる これを教えという」のことばから名づけられました。

1725(享保10)年 11月4日 広島藩5代藩主浅野吉長は白島稽古屋敷の一部に「講学所」を創始し、寺田臨川に学政を総督させる。
講学所の基本方針として「学規三則」を示す。
(広島藩藩校の創始・創立記念日の由来)
1734(享保19)年 12月 「講学所」を「講学館」と改称する。
1743(寛保3)年 10月 経費節減令によって「講学館」が休学となる。
1782(天明2)年 2月 7代藩主浅野重晟により「学問所」が広島城内三の丸に興される。
1863(文久3)年 山田養吉(号は十竹)を登用する(塾頭に任じられる)。
1870(明治3)年 8月 学制を改革し、学問所を城内八丁馬場に移し、新たに「修道館」(修道学園の名称の起源)と称する。
1871(明治4)年 廃藩置県のため休業となる。
1878(明治11)年 6月 12代藩主浅野長勲が泉邸内に「私立浅野学校」を設立。(「修道館」の継承)
1881(明治14)年 11月 学制を改革し、山田十竹を校長とし、「修道学校」と改称する。
1886(明治19)年 4月 山田十竹は「修道学校」の経営を浅野家より引き継ぎ、自宅で教授する。
1905(明治38)年 4月 水山烈を設立者とし、「財団法人私立修道中学校」発足。水山烈、初代校長となる。
1907(明治40)年 1月 南竹屋町へ移転。
1926(大正15)年 3月 南千田町に移転し、現在に至る。
1938(昭和13)年 11月 初代「敬道館」の建設。山田十竹の銅像を建立。学園創立200年記念式典。
1945(昭和20)年 8月 原爆により校舎の大部分が倒壊する。
1947(昭和22)年 4月 学制改革により新制中学校を設置。(現修道中学校)
1948(昭和23)年 5月 新制度による修道高等学校を設置。
1957(昭和32)年 11月 学園創始233年、私学80年を記念して「修道学園史」刊行。
学園創始233年、私学80年記念式挙行。
1978(昭和53)年 10月 学園創始253年、私学100年式典。「修道学園史」刊行。
本館・体育館等の新築、既設校舎・プール等の大改築。
1995(平成7)年 4月 学校週5日制(月2回土休)を実施。
8月 被爆50周年慰霊式典実施。記念誌「流光」刊行。
第二次世界大戦後50年にあたり、平山郁夫画伯より「原爆ドーム」の絵画の寄贈を受ける。
1999(平成11)年 11月 校舎建て替え工事着工。
2000(平成12)年 7月 北館完成。(第1期工事)
2001(平成13)年 7月 南館(西)完成。(第2期工事)
2002(平成14)年 7月 南館(東)完成。(第3期工事)
2003(平成15)年 3月 新敬道館完成。(第4期工事)
4月 制服の改定。学校週5日制を実施。
5月 テニスコート・球技コート・弓道場完成。(第4期工事)
8月 メイングラウンド改修工事完了。(第4期工事)
9月 平山郁夫画伯創作の原画「希望の光り 安芸の小冨士」の陶版画が同窓会より寄贈される。本館ロビーに設置。
2008(平成20)年 8月 本館耐震化および改修工事実施。
2010(平成22)年 3月 総合体育館完成。
2011(平成23)年 4月 「修道開祖の恩人十竹先生物語」刊行。
2012(平成24)年 4月 「修道学問所之蔵」(旧広島城郭内の蔵)移築・復原工事が始まる。
11月 「修道開祖の恩人十竹先生物語」改訂版刊行。
2013(平成25)年 9月 メイングラウンド人工芝工事、球技コート改修工事完了。
2014(平成26)年 8月 「修道学問所之蔵」完成。
2017(平成29)年 3月 プール完成。