.

中級(3・4年)

「今、何をすべきか」自分で考えた課題に立ち向かう

心身ともに大きく変化し、自我に目覚める中級は、自分の内面に目を向け、
個性を探し、伸ばすための挑戦をする時期です。たとえ失敗しても、
そこから新たな課題を見つけ、次のステップに臆せず進むたくましさと
自律性を育み、さらなる成長につなげます。

ホーム  >  修道の学び  >  中級(3・4年)

中級の学び

  • 確立した学習習慣を発展させ、
    主体的に学ぶ姿勢を身につける

    毎日の授業内容を消化・吸収し、確かな学力として定着させるためには、授業時間だけではなく、予習・復習・宿題などの授業時間以外の学習への取り組みが欠かせません。初級で確立した学習習慣をさらに発展させるために、放課後や昼休憩に進路学習室や図書館で自主学習を行ったり、教員室で個別指導を受けたりすることができるなど、校内でも自主的に学習に取り組める環境を用意しています。

  • 自分の習熟度に合わせた
    課外授業や補充授業

    週末には、学年が「土曜学習会」を企画することがあります。学習面で出遅れている生徒のフォローをしたり自主学習をサポートしたりします。また、夏季休業中には、各自の習熟度に合わせて講座を選択し、重点的に学習できる「夏期補習」を実施します。英語・数学・国語を中心に講座が開講され、毎年多くの生徒が受講します。

  • 自分の志望と適性を見極め、
    文理選択に備える

    5年から文理別授業となるため、4年の秋に文系・理系の選択調査を実施します。それに備えて3、4年で進路適性検査を実施したり職業や学部学科について調べたりして、自分の進路に対する意識を育みます。また、東大見学ツアーや大学の先生をお招きした模擬授業などを実施し、大学での学問の一端に触れ、学ぶ意欲を高めます。

光武 直毅さん 3年/サッカー班

たくさんの個性が集まる修道だから
自分をよく知ることができる。

光武 直毅さん3年/サッカー班

修道の学校生活で実感したことは、この学校には、さまざまな個性が集まっているということです。勉強ができる人、運動ができる人、またどちらもできる人、他にもいろいろな人がいて、みんな自分だけの個性を持っています。そして、みんなと生活をすることで、自分に足りないことや自分にしかできないことを知ることができ、それが自信になる気がします。他にも、班活動や授業では、尊敬する先輩やおもしろい先生と出会うことができて、将来の自分を考えるきっかけにもなります。これからの修道生活でも、たくさんの出会いがあると思います。一つひとつの出会いを大切にして、今の自分をよく知り、何が必要なのかを考えられるようになりたいと思っています。

岡本 貴行 英語科教諭/3年担任

自分で考え、自分で挑戦していく中級。
生徒自身の可能性を広げる機会を提供したい。

岡本 貴行英語科教諭/3年担任

初級で培った学習習慣や生活習慣をベースに、中級は将来を見据えて自分のやりたいことを見つけていく時期になります。学習、班活動、進路など自分自身のことを考え、模索し、挑戦していきます。修道では日々の授業に加え、進路講演会や大学の模擬講義など好奇心を刺激する機会を設けています。興味をもって積極的に参加してほしいと思っています。中級では学習内容もより深くなり、知識や技能だけでなく、新たな時代に求められる思考力や判断力も身につけていきます。明確な答えが用意されていない時代に、有為な人材として社会で活躍するためには何が必要なのかを考え、自分自身を磨いていく機会を提供していきます。

中級の学校生活

中丸 大輝さん4年/サッカー班
時間割
  • 朝休憩

    毎朝7時過ぎに登校し、友達とプラスチックバットで野球をしています。この時間のために早起きをして、早く家を出ています。

  • 授業

    板書をノートに書き写すだけではなく、先生の話をしっかり聞いて、その時間の内に習ったことを覚えるように努力しています。

  • 班活動

    夏は学校のプールで、冬は中区のグリーンアリーナの屋内プールで練習しています。全国大会に出場し勝つために、体力・筋力の向上を目指して一生懸命練習しています。

  • 家庭学習

    予習は一切せず、主にその日に習ったことを復習しています。特に、国・数・英の3科目は繰り返し演習をしています。

  • 中級の服装規定
  • 初級と同様に制服着用ですが、幅のある着こなしが認められています。規定の範囲内で自らが選択し、着こなしを考えることができます。指定シャツの種類が増え、ネクタイと靴は制服にふさわしいものを自由に身につけることができます。また、ネクタイは着用しなくてもかまいません。
  • 修学旅行 [4年]
    エンパワーメントプログラム [3年・4年希望者]
    .
    学校行事や教育プログラムを通して
    視野を広げ、自己を磨く

    4年生は屋久島・奄美大島への修学旅行を行います。大自然に触れ、視野を広げます。また、エンパワーメントプログラムでは語学力だけでなく、自己のさまざまな力を引き出します。

  •  
    東大見学ツアー [4年]など
    .
    自らの進路を意識し、考えるための多彩な機会や行事

    志望や適性に沿った文理選択に備えて、東大見学ツアーや予備校講師による進路講演会といった、自分の進路や将来を考えるための参考となる機会や行事を多彩に展開しています。