.

初級(1・2年)

社会の一員としての心構えと学びの基礎をじっくり育てる2年間

約束を守る、挨拶をする、言葉遣いや身だしなみのマナーを守るといった
社会生活習慣、そして、一つひとつの授業を大切にし、
予習・復習を確実に行う学習習慣。初級では実践を繰り返しながら、
これら2つの重要な習慣の確立に取り組みます。

ホーム  >  修道の学び  >  初級(1・2年)

初級の学び

  • 6年間の基礎となる学習習慣と
    生活習慣を確立する

    初級では、学習面・生活面ともに6年間の成長を支える基礎固めを行います。学習においては、一つひとつの授業を大切にし、家庭で予習・復習をする毎日を積み重ねていきます。正しい言葉遣いや身だしなみ、挨拶をする、約束を守るといった生活のルールもきちんと身につけます。担任・教科担当の教員が生徒一人ひとりをしっかり見つめ、「当たり前のことを当たり前にできる」生徒を育てます。

  • 2年間で中学卒業レベルの
    学力を修得する

    6年生で、大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。授業の進度は少し早目ですが、例えば英語では、プロジェクターを使った視覚的な授業を行うなど、確実な理解を助ける工夫を随所に採り入れています。学校の授業と家庭学習に繰り返し取り組む中で、着実に学力を身につけていきます。

  • 学習進度に後れを取らないための
    綿密なフォロー学習

    本校は土曜日を休日とする週休2日制ですが、生徒一人ひとりの進度に応じた課外学習を積極的に行っています。授業日の放課後に教員室で行う個別指導のほか、希望者による「土曜学習会」、国語・数学・英語の学力向上を目指す「夏休み補充授業」(指名制)、2泊3日の合宿形式で基礎学力定着の徹底を目指す「夏休みセミナー合宿」(指名制)などを実施しています。

吉田 春紀さん 1年/陸上班・生物班

校風と山縣選手に憧れて修道へ。
この学校で “かっこいい男”を目指したい。

吉田 春紀さん1年/陸上班・生物班

「文武両道」、「責任ある自由」という校風に憧れて、修道に入学しました。僕は、小学生の時に陸上クラブに所属していて、昨年のリオオリンピックで銀メダルに輝いた、修道出身の山縣亮太選手にお会いする機会がありました。山縣選手が勉強にも陸上にも、高い志を持って努力されたこと、自由に自主的に取り組める環境の中で、失敗も経験しながら目標を達成されたことを聞いて、かっこいいと思いました。修道の校風の下で僕も成長して、6年後には、さらに先の目標を目指すかっこいい男になっていたいです。また、同じく修道出身の亡き祖父は、卒業後50年以上経っても同級生と仲が良く、年に数回は仲間と集まっていたそうです。僕にとって友達はとても大切で、祖父のように一生の仲間を作ることも修道生活の目標です。

藤島 真介 英語科教諭/1年担任

「学び」を考える人になる。友から学ぶ人になる。

藤島 真介英語科教諭/1年担任

修道初級学年は「学び」の姿勢を醸成する最良期です。現代においては、ライフワークとして「学び」を捉え、大学受験や就職活動は自己研鑽の材料だと俯瞰できる人が必要とされています。授業はもちろん、級友との休憩時間や放課後の部活動など、修道生の日常は「学び」で満ち溢れています。授業という枠を飛び越えて、ありふれた日常にも疑問を持ち、気づきを持てる、主体的な「学ぶ」姿勢をぜひ身につけてほしいと願います。また、修道生の縦横の絆は、在学6年間はもとより、卒業後にも大きな人生の支えとなるはずです。多彩で多才な級友たちと遊び、学び、議論し、時には喧嘩をしながら、固い友情を育んで欲しいと思います。多くの級友と多くの時間を過ごして、最高の6年間にしてください。

初級の学校生活

小谷 健太さん
時間割
  • 授業

    先生の話をよく聞いてノートを取ります。わからないことや疑問に思ったことは授業後、先生に質問をします。

  • 班活動

    班活動では、勉強とは気持ちを切り替えて頑張っています。一日一日の目標を持って練習することを大切にしています。

  • 家庭学習

    自宅では宿題と復習をしています。夜に時間が取れない日は早く寝て、朝早く起きて勉強をします。

  • 就寝

    睡眠によって、次の日のパフォーマンスが随分変わってくるので、毎日8時間半は寝るように心がけています。

  • 初級の服装規定
  • 制服を規定に従って着ることを通じて、服装着こなしの基礎を身につけます。指定のジャケット・スラックス・白シャツ・ネクタイを着用し、黒革靴(制服にふさわしいものを自由に選択)または指定の黒スニーカーを履きます。
  • 林間学校[1年]・カッター研修[2年]
    .
    自然と親しみ、仲間と協働し、一人の人間として成長

    1年生は島根県の三瓶高原での林間学校、2年生は尾道市の境ガ浜でのカッター研修を行います。自然に親しみながら仲間と協働する中で、自然愛護・友情・連帯の心を育みます。

  • 進路講演会[1年・2年]
    .
    現役大学生の声を直に聞き、自分の将来像をイメージ

    将来の大学進学をにらんで、初級の段階から大学の存在を意識し、自分の将来像を考える契機とするために、現役大学生から大学生活や研究などについて聞く場を設けています。