.

初級(1・2年)

社会の一員としての心構えと学びの基礎をじっくり育てる2年間

約束を守る、挨拶をする、言葉遣いや身だしなみのマナーを守るといった
社会生活習慣、そして、一つひとつの授業を大切にし、
予習・復習を確実に行う学習習慣。初級では実践を繰り返しながら、
これら2つの重要な習慣の確立に取り組みます。

ホーム  >  修道の学び  >  初級(1・2年)

初級の学び

  • 6年間の基礎となる学習習慣と
    生活習慣を確立する

    初級では、学習面・生活面ともに6年間の成長を支える基礎固めを行います。学習においては、一つひとつの授業を大切にし、家庭で予習・復習をする毎日を積み重ねていきます。正しい言葉遣いや身だしなみ、挨拶をする、約束を守るといった生活のルールもきちんと身につけます。担任・教科担当の教員が生徒一人ひとりをしっかり見つめ、「当たり前のことを当たり前にできる」生徒を育てます。

  • 2年間で中学卒業レベルの
    学力を修得する

    6年生で、大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。授業の進度は少し早めですが、例えば英語では、プロジェクターを使った視覚的な授業を行うなど、確実な理解を助ける工夫を随所に採り入れています。学校の授業と家庭学習に繰り返し取り組む中で、着実に学力を身につけていきます。

  • 学習進度に後れを取らないための
    綿密なフォロー学習

    本校は土曜日を休日とする週休2日制ですが、生徒一人ひとりの進度に応じた課外学習を積極的に行っています。授業日の放課後に教員室で行う個別指導のほか、希望者による「土曜学習会」、国語・数学・英語の学力向上を目指す「夏休み補充授業」(指名制)、2泊3日の合宿形式で基礎学力定着の徹底を目指す「夏休みセミナー合宿」(指名制)などを実施しています。

福田 景一朗さん 1年/サッカー班

班活動と勉強を両立し、将来は
修道の学びを活かせる仕事に就きたい。

福田 景一朗さん1年/サッカー班

僕が修道中学校への入学を決めた理由は、自由という感じのイメージがあり、とても楽しそうでかっこいい学校だと思ったからです。僕の自宅は修道の近くにあり、先輩方が登下校する姿を見てあこがれていたことも理由です。僕は、班活動と勉強との両立を目指しています。兄が出場したサッカーの試合で修道を訪れたことがあり、グラウンドなどの施設がとてもきれいで、僕もここでプレーしたいと思いサッカー班へ入ることを決めました。そして班活動でもクラスでも、たくさんの友達を作り、長きにわたって仲良くできるような関係を作りたいです。将来は、この修道で学んだことを最大限に活かしていくことができるような仕事に就きたいです。

山田 英輝 数学科教諭/1年担任

「失敗」には、学びが満ち溢れている。

山田 英輝数学科教諭/1年担任

「失敗は成功のもと」とあるように、失敗することで他者からの指導や自己の振り返りに至り、学ぶ機会を多く得ることができます。ただし、失敗をしないための心構えや立ち居振る舞いも、同時に学んでほしいと思っています。私は生徒たちに物事を伝える際に、何度も繰り返し口頭で説明する場合は、配布物や掲示物は最小限に抑え、逆にそうした物がある場合は、説明は一度に留めるように心がけています。初めのうちは情報のキャッチに失敗していた生徒たちも、メモやノートを活用したり、注意深く紙面に目を通したり、周囲の仲間と情報を共有したりといった、失敗を防ぐ術を身につけていきます。また、思慮なく発言・行動するのではなく、事前にその影響や結果を予測する習慣をつけるよう促しています。修道で過ごす毎日の中で、思考力、判断力、表現力を一緒に磨いていきましょう。

私の初級時代

神田 惟登さん 6年/ワンダーフォーゲル班
  • 神田 惟登さん

    6年/ワンダーフォーゲル班

    1年の夏休みに入ってすぐの林間学校は、学校生活に慣れた頃にやってくる初めての宿泊行事です。一切電気を使わずに過ごすという、日常生活では体験できない3泊4日は刺激的でした。3日目の夜のキャンプファイヤーでは、クラスごとに出し物をして大いに盛り上がりました。そして8月後半の夏休みセミナー合宿では、消化できなかった学習内容を夏休みの後に引きずらないための勉強をしました。わからないことをその場で教科担当の先生に質問できる環境なので疑問点を次々に解決でき、学習の後れを取り戻すとても良い機会となりました。

    また修道に入学して初めての体育祭も、とても印象に残っています。先輩達は競技に出場していない時間も自チームの応援に一生懸命。僕も1年生ながら応援に参加させてもらいました。体育祭は学年を経るごとに楽しさが増すので、毎年楽しみな行事です。

    2年の夏休みのカッター研修では、太陽が照りつける中、クラス全員でオールを漕ぎ続けました。息を合わせて漕がなければ船が進まないので、大変だったことを覚えています。最終日に行われたクラス対抗レースで、見事2位に食い込んだのは良い思い出です。

    今、つらい受験勉強に堪えれば、楽しい修道生活の6年間が待っています。がんばってください。

  • 林間学校[1年]・カッター研修[2年]
    .
    自然と親しみ、仲間と協働し、一人の人間として成長

    1年生は島根県の三瓶高原での林間学校、2年生は尾道市の境ガ浜でのカッター研修を行います。自然に親しみながら仲間と協働する中で、自然愛護・友情・連帯の心を育みます。

  • 進路講演会[1年・2年]
    .
    現役大学生の声を直に聞き、自分の将来像をイメージ

    将来の大学進学をにらんで、初級の段階から大学の存在を意識し、自分の将来像を考える契機とするために、現役大学生から大学生活や研究などについて聞く場を設けています。